ブログ

オーナーセラピスト、町田香織のブログです。アロマテラピーやサードメディスンについて綴っていきます。ためになる情報をお届けします♪

ブログ一覧

サードメディスンとは?

IMG_1629

~嗅覚で心と体を読み解く~

 

サードメディスン・プロジェクトは「自分にあったよりよい選択」を体質分析と化学的・統計的手法による分類法により提案し、伝統医学でも現代医学でもない新しい医学の構築を目指し、多くの人に健康で豊かな人生を送っていただくことを願っております。

 

嗅覚は、動物の食べ物探し、天敵の認識、仲間の認識、交配のための異性確認など、日常生活にとって大事な機能です。動物にとって「匂い」を感じることは、生存にもっとも基本的な機能のひとつです。

嗅覚系の刺激の脳への伝わり方は、環境に対して瞬間的、反射的に生体にとって快か不快か、有益か有害かの判断に基づいての反応を示します。嗅覚は先入観の影響を受けにくい感覚です。自己保全の判断材料になる嗅覚の快・不快反応を分析する事で、その時の心身の状態を確認する事が可能です。

例えばリラックス作用のある香りを快と感じれば「リラックスできていない」、神経強壮作用のある香りを快と感じれば「気持ちが高まりにくい」、消化器系を活性化させる香り、筋肉を弛緩させる香りなど精油の薬理作用に対しての嗅覚の反応から体質分析をしていきます。精油が心や体にどのように働きかけるかを勉強する一般的なアロマテラピーとは違い、香りに対する人の反応から体調や心理の変化を読み解きます。いわば精油を使った人間学。香りに対しての反応の変化を体系的に論理的に学んでいきます。

その分析法をシンプルにまとめたのが「サードメディスン・チェック」。8種類の【香り】を嗅ぎ、好みの順番に並べるというシンプルな手法で、その結果をチャート化することで、体質をわかりやすく誰でも簡単に読み解く事ができます。

また、精油の物理的特徴と同じ様な効果を持つ食べ物や健康法を分類する方法によって、求める香りから体質だけでなく、自分に必要な精油だけでなく食事や健康法などのアクティビティが分かります。
そんな、新しいアロマテラピーでもある「サードメディスン」を学べます。


① 先入観の影響を受けにくい嗅覚

ヒトの五感の中でも、一番先入観の影響を受けにくいのは【嗅覚】です。最も原始的で、ストレートに本能にアプローチする【香り】を体質分析方法に用いることで、誰でも体質を読み解ける手法が、サードメディスン理論の中核の一つ『サードメディスン・チェック』です。8種類の【香り】を嗅ぎ、好みの順番に並べるというシンプルな手法で、その結果をチャート化することで、体質をわかりやすく視覚で理解できるようになっています。

 

② あらゆる対処方法を選択可能にする

自分の体質がわかっても、対処方法がわからなければ意味がありません。世の中に数多くある情報を分類する方法がサードメディスン理論の中核の一つ『イオンマトリック図』です。化学的・統計的手法を使い精油や食事、栄養素や健康法だけでなく教育法やチームビルディングなどありとあらゆる方法に応用できる分類法です。


③ サードメディスン・チェックについて


嗅覚は五感の1つで化学的刺激をとらえる感覚です。
「匂い」とは化学物質で、鼻腔に入ると、鼻粘膜に溶け込み、嗅上皮の嗅神経細胞の嗅繊毛に発現している嗅覚受容体と結合します。
匂い刺激を受けた嗅神経細胞で生じた電気信号は、本能を司る脳領域に伝わります 嗅覚は自己保全の判断材料となったり体の状態を表します。
サードメディスン・チェック(TMチェック)とは芳香分子による嗅覚刺激から脳(大脳辺縁系)の反応を統計化し、
特性論と類型論の両面から体質を導き出す新しい体質分析法の事を言います。
[特許名:生体情報生成方法(特許第5536272)]

 

「一般社団法人 サードメディスン・プロジェクトより」

2016年11月09日

咳に良いアロマテラピー

yjimage

こんにちは

長野のアロマサロン「ヒーリングルーム・シャンティ」の町田香織です。

寒くなって、だいぶ風邪をひいている方もチラホラ見かけますね。風邪をひくとつらいのは咳ですよね。熱は下がっても、なぜか咳が長引くということはないでしょうか?

あまり長く続く咳は、他の病気の疑いもありますので、早めに病院を受診するようにしてください。


さて、そのつらい咳をアロマテラピーでやわらげることができます。

 

~咳に良いアロマレシピ~

ホホバオイル・・・・・・・・・・・・・・・10ml
ウィンターグリーン精油・・・・・・・5滴
サイプレス精油・・・・・・・・・・・・・10滴

これを気管のあたりに塗るようにしてください。
お試しくださいね。そして、咳の出る方は、マスクの着用をお願いします。

2016年11月12日

メニュー料金

yjimage1

♡トリートメントメニュー♡

 

全身アロマトリートメント(70分)8000円

背中アロマトリートメント(45分)5500円

下半身アロマトリートメント(45分)5500円

足ツボコース(40分)4000円

※すべて税込、サードメディスンチェック付き

 

☎ 090-4460-5542

✉ aroma-shanti@violet.plala.or.jp

2016年11月15日

喉の違和感とアロマ

yjimageZH9JSHWH

こんにちは。長野のアロマセラピスト、町田香織です。

皆さんは、喉の違和感って感じたことないでしょうか?飲み込みづらいような感覚になることありますよね。 病院に行っても、特に異常なしと言われます。
CMでもやっていて、結構なる人多いようですね。私もたまになったり、友人でもそのような症状を訴える人は結構います。
これ「ヒステリー球」と言うのだそうです。

ヒステリー球とは?

ヒステリー球とは極度の不安や緊張、うつ状態などの精神的要因やアレルギーなどが原因で引き起こされる病気で、症状としては喉に塊がある、何かつまっている、喉が塞がっている、胸がつかえるなどの症状がある。
また、症状が悪化すると呼吸が苦しくなり喘息のような状態になる場合もあります。
ヒステリー球は自律神経症の一つと考えられており、その特徴としては風邪や病気をしている訳ではないのに喉に違和感を感じる事があげられる。

基本的にはストレスなどが原因となりうるので誰しもが発症する可能性があります。
ヒステリー球になってしまったら病院で見てもらう事も出来ますが、病院で診察してもらった場合の治療法は安定剤などの処方になると思います。
これで治る方もいると思いますが、やはりお薬なのでそれなりに副作用などもあります。

ヒステリー球の一番の治し方として自力で治すことだと思います。原因となるのはストレスなどの要因が多いので、ストレスを緩和させてあげる事を目指しましょう。
休みの日に思い切り好きな事だけをやってみたり、長期休暇を取り旅行に出かけてみるのもいいかもしれません。

また、睡眠時間もしっかり取る事をおすすめします。

自律神経が乱れているとヒステリー球だけでなく睡眠障害なども引き起こしてしまう可能性があり、悪循環してしまいます。
しっかり睡眠を取り心身共にストレスを除去するようにしましょう。
「777NEWS参照」

ストレスが原因のようですので、ストレスを取り除くしかありません。
これが一番難しいのですが、まずは規則正しい生活ですね。
そのうえで、アロマテラピーを活用してみてください。

自律神経調整作用のある精油
・サイプレス
・バジル

リラックス作用のある精油
・マンダリン
・ラベンダー

「TMP 入門講座」テキスト参照

これらを1種類でも良いし、混ぜても良いです。使い方は、お部屋に拡散させる。身体に塗るなどしてください。
身体に塗る場合は、ホホバオイルなどの植物オイルに希釈したものを塗ってください。

♡レシピ♡
ホホバオイル・・・・・30ml
マンダリン精油・・・・・2滴
ラベンダー精油・・・・2滴
サイプレス精油・・・・1滴


連絡先
☎ 090-4460-5542
✉ aroma-shanti@violet.plala.or.jp

2016年11月20日

アロマテラピーとは?

yjimage2

アロマテラピーは、ハーブや香木、スパイスなどの植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)を使って行う自然療法です。「アロマ」は「芳香」「テラピーもしくはセラピー」は「療法」を意味します。

精油は100%天然成分からなり、この成分には、心身をリラックスさせ、自然治癒力を高める作用があります。アロマテラピーでは植物の力を利用して心身の不調を改善したり、病気の予防に役立てたりして、バランスのとれた健康的な心と体を作っていきます。

現代になって開発された多くの医薬品と異なり、アロマテラピーは古くからの人々の経験により、少しづつ蓄積された証拠に基づいて体系づけられました。世代から世代へ受け継がれたもので、副作用なども、ほぼ知り尽くされています。

古くは紀元前3000年頃から、宗教儀式や化粧品、香料などに「香り」の効果が利用されたことがわかっています。紀元前5世紀には、現代に通じる医学の基礎を築いたヒポクラテスが香油によるマッサージを推奨していました。

2016年11月21日
» 続きを読む